金利の選択が重要な住宅ローン

 最近では、20代前半の人でもマイホーム購入を考える人が増えるようになって、マイホームを持つという願望をかなえる人が増えてきました。それと伴って、住宅ローンに苦しむ人も増えているのが事実です。実際に住宅ローン難民と呼ばれる、住宅ローンの返済が出来なくなってしまった人も増えて問題になっています。

 というのも、過去に金利の高い時期に住宅ローンを組んでしまった人が住宅ローン難民に陥りやすいということなのです。現在では、金利が安いと言われている時代ですから、住宅ローン難民は減少していくではないかとも言われていますが、まだまだこの問題については重要視されています。住宅ローン難民にならないためにも、金利が安いこの時期に住宅ローンを組むというのはいい選択です。住宅ローンには大きく分けると変動金利と固定金利があります。固定金利は住宅ローンの返済中ずっと同じ金利で、変動金利は その時期によって、金利が変動します。

 その為、金利の高い時期に固定金利のローンを組んだ場合、今のこの低金利の時代でも高金利で返済していかなければならないので、住宅ローン難民となってしまうのです。ですから、住宅ローンの金利を選択して、将来的にどう変動するか踏まえたうえで住宅ローンを組むのは大事な事なのです。