三菱UFJ銀行住宅ローンのメリットとデメリット

 住宅ローンを組むとしたらどこの銀行で借入をしますか?やはりお勧めなのは、全国的に知名度があって、信頼と実績のある銀行で借入するのがお勧めです。特に住宅ローンという長期間返済していくローンであればあるほど、信頼と実績は必要不可欠なのではないでしょうか?

 住宅ローンの返済中に、借り入れしている銀行で万が一の事が起きてしまった…そんな事になっては大変ですよね。銀行と言っても民間企業ですから、いつどうなるかは誰にもわかりません。そして、全国的に知名度のある銀行と言えば、やはり三菱UFJ銀行借り換え住宅ローンではないでしょうか。三菱UFJ銀行であれば全国どこにでも存在します。カードローンでも非常に有名で、全国各地にATMが存在しますから、住宅ローンでも人気のある銀行なのです。

 そして、比較的審査が通りやすく、金利も安いときたらなおさらですよね。しかし、すでに住宅ローンを他の銀行で組んで返済している人は、三菱UFJ銀行借り換え住宅ローンで借入したくても簡単に出来る事ではありませんよね。しかし、残債が1000万円以上あって、返済期間も10年以上あって、おまけに金利が三菱UFJ銀行よりも1パーセント以上高い金利であれば、それは三菱UFJ銀行借り換え住宅ローンをしてしまったほうがお得です。というのも金利は1パーセント違うだけでも相当な金額を節約することが出来ます。むしろ借り換えをして負担額を減らしてください。非常にもったいないです。

 けど、審査に通るかな〜?と考えてしまう人もいるとは思いますが、あのUFJ銀行なので、比較的審査には通りやすいのです。審査シュミレーションもあるから、不安な人は一度シュミレーションしてみれば良いだけの話なのです。シュミレーションをして晴れて審査に通ったらそれはもうUFJ銀行で借り換えをするしかない、という事です。ここでは無理に借り換えを推奨しているわけではないのですが、無駄な金利を支払ってどぶに捨てるような行為をするよりも、無駄なお金を少しでも使わずに生活していくということが大切なのです。

 住宅ローンについて更に詳しく知りたい場合は、UFJ銀行のホームページもあるのでそちらを見てみるとよいでしょう。きっといい情報が盛りだくさんなはずです。仮審査シュミレーションだけではなく、返済シュミレーションも出来ますから、金利が安くなれば毎月どれくらいの返済額で抑えることが出来るのか確認することも出来ます。一番は合計返済額なのですが、どれくらい差額が出るのかきっと驚くはずです。ですから、シュミレーションだけでも一度試してみる価値はあります。

 

 

三菱UFJ銀行住宅ローンの審査は甘い?厳しい?

念願のマイホームを決めて、いざ住宅ローンを組もうとしたけど金融機関の審査で落ちた方は少なくないのです。

原因はいくつかあるので詳しくみていきましょう。

まずは、年収が400万円未満である方は要注意です。

他にも勤続年数が3年未満の方や、健康状態も判断されます。

今までに納金出来なかったデータが残っている方は、審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。

それでも納得のいかない方は問い合わせをしたり、きちんと支払いをしているか確認してみて下さい。

融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。

ローンの支払いをしている方の中で借り換えを検討されている方も多いでしょう。

借り換えとは、違う金融機関に住宅ローンを移す事です。

借り換えをする事で、月々の返済が楽になるメリットがあります。

ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。

なぜなら、借り換えには諸費用が必要だからです。

無料で借り換えができる。

という所はまずないでしょう。

借り換えにはそういったケースも含め返済額に検討をつけられるシュミレーションを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。

今、住宅ローンを返済中の方も将来組む予定のある方も知っている人と知らない人では10年後に大きく差がつく是非試して頂きたい節税の秘訣をご紹介したいと思います。

審査に通れば年間で30万円ほどの節約も可能になるので、まだ申込みをされていない方は特に事前に確認しておきましょう。

条件としては、自分の住むための家を新しく建てた方、もしくは今お住まいの家を増改築した方が当てはまります。

少なくても10年以上のローン期間がある事が条件となります。

個人情報を提示したりする場合もあるのできちんと確認してから、毎月の支払い金額を少しでも減らせるようになると良いですね。

将来、新築を希望しているが十分なお金を準備できないそのような時こそ、中古の住宅ローンを考えてみましょう。

ただし注意しておきたい点がいくつかあります。

一つは返済期間が新築の場合と比べて短くなってしまう点です。

これは、ユーズドという面で耐久性が心配されるのもあり返済期間が通常よりも10年ほど短いのが特徴です。

メリットだけを見て選んでしまうと、後から問題が発生したり反対に一月に支払わなければならない金額が高い場合もあります。

またリフォームが必要な場合もあるので、その費用も合わせてどれ位の費用がかかるのか計算しておきましょう。

住宅ローンで今人気を集めている商品がフラット35です。

ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。

世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。

という点はこのメリットにより、近年申し込みをされる方がグンと増えてきたローンですが審査が少し変わっています。

変わっているとはいえ、やはり支払い能力や信用問題は重点的にチェックされます。

また、それに加えフラット35の審査特徴としてこれは、その住宅が将来価値が出るかどうか、担保として十分かどうか、という点を重視する。

という事です。

フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。

どんな家でもローンを組んで建てる方が多いのですが、つなぎ融資という言葉を聞いた事はありますか。

分りやすく言うと、住宅のための借入れが始まるまで不足分を一時的に補う目的で借りるローンの事です。

通常、建築が終わってから住宅のためのローンが開始されるため建設中の間は、そうした融資を受ける人もいます。

こちらは、通常金利と比べてもとても高く一日毎に計算されるので少しでも早く、本命のローンを組む必要があります。

信用できる銀行を探す事を最優先とし、契約内容もきちんと把握し今後も長く利用できるように計画をねっていきましょう。

マイホームを建てたい!と夢を見ている方もいらっしゃるでしょう。

ですが、住宅購入はちょっとやそっとでは出来ず、数千万単位の現金が必要です。

ですから、現金ですぐに支払いをする。

という事は、かなり難しいです。

じゃあ、借金するにはどこで住宅ローンを借り入れすればいいのか?簡単な方法としては銀行や信用金庫といったところでしょう。

自分で借り入れしたい銀行を選んでもよいのですが不動産屋と提携している銀行もありますので、不動産屋に全てお願いしても良いと思います。

マイホームの資金調達として役立つ住宅ローンローンの申請は、銀行や信用金庫などから行うことができます。

申し込みの際には、様々な資料が必要になります。

結局のところ、35年もの長い期間とプラスで多額の現金を貸すわけですから銀行側は、年収と勤続年数を特に重点的に見て審査をします。

という訳で、申請をすれば必ず通る。

というものではありません。

不可。

という場合もあり得ます。

よくある基準として年数は3年以上、年収は300万以上これが最低クリアしなければいけないラインと言われています。

自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。

ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。

現金一括で支払いが出来れば何も問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。

ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。

住宅ローンに関わる審査は、色々あるローンの審査の中でも特別に厳しいと言われています。

最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。

審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。

ローン審査を無事に通過するためには、最低でも300万以上が必要年収ラインだと言われています。

ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。

近年、様々な特典のある三菱UFJ銀行住宅ローンが紹介されておりどのような商品が一番人気で負担も少ないのか分らなくて、一つの商品に絞れないでいるという方が多いようです。

参考:三菱UFJ銀行の住宅ローン審査は甘い?【審査落ちた時の代替は?】

そんな時に専門のアドバイザーに相談して、借入れをするという方法も一つですがお金がかかります。

これ以外にもこれからずっと支払いをしなければならないので、アドバイスを受けるためだけにお金を払いたくない方が多いです。

FPの資格を持ちながら仲介者として働く方も多いので、専門の方に無料で相談する事も出来るのです。

自分で出来る範囲で勉強しておくといいですね。

今後マイホームを購入される方や三菱UFJ銀行住宅ローンを検討している方は、これは抑えておきたいポイントがあるので参考にしてみて下さい。

今までの買い物で一番高い商品になる事でしょう。

それ故、利息が安いからという理由だけで決めないで下さい。

おすすめは、実質負担額がいくらになるのか?で選びましょう。

どれだけ低金利の商品であっても手続きにかかる費用がかさむと、結局、総返済額が大きくなってしまう可能性があるからです。

そしてその時の景気に合わせて変動金利か固定金利かを選択し、将来設計も立てながら全体的に見て検討してみましょう。

今では簡単に利用者の声も見れるので参考にしましょう。

住宅ローンを組む時はまず審査が必要です。

住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査はとても慎重に行われます。

審査の結果は約1週間前後で電話もしくは口頭で伝えられます。

審査に通らないと、残念ながらローンは組めません。

審査に通れば、本格的な契約に移ることができます。

契約時には指定された書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。

諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。

一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。

自分の家を建てたい!と思ったとき銀行・信用金庫など金融機関で申し込み可能なマイホーム購入時の融資が役立ちます。

とはいえ、金融機関はたくさんあるのでどこの商品がよいのか迷ってしまう方も多くいらっしゃると思います。

選び方の一つの方法としては、自分が行きやすい近場のところを選んだり不動産屋を通しても良いですし、ネットバンクなども申し込みをする事ができます。

しかし、どこで受け付けようとも審査を受ける必要があり申し込めば通過するという甘いものではありません。

住宅ローンを組むにはまず、どの金融機関に融資を申し込もうかという事を決めないといけません。

銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど住宅ローンを申し込める金融機関は数多くあります。

申し込みをする所による住宅ローンの審査の違いは特別違った点はありませんが、実店舗がないネットバンクは、各取引をネット上で行います。

実店舗に行かなくて良いのでとても好評です。

また店舗がない為、経費節約ができ、金利も低いのが特徴です。

ネットバンクは月々の支払いを少額にしたい方や忙しい方にピッタリの住宅ローンです。

新築を購入したばかりで三菱UFJ銀行住宅ローンもあるのに離婚される方は、残りのお金は誰が支払うべきなのでしょうか。

ことに幼いお子さんがいる方は、ローンはもちろんの事、別れた後でも養育費を払う責任があります。

最初に名義人は誰なのかと細かな契約内容を把握して、これから先、後悔しない選択をしていく必要があります。

少しでも負担を減らすために家を売る方法もありますが、残念ながら販売価格がローンを下回る結果になると、夫もしくは妻がその残高を支払う責任があります。

高額な商品ですので、後悔のないようしっかり話し合って下さい。